ランドセルを寄付しよう!〜 あなたのランドセルが世界の子供達を救う!? 〜

ao(学生ライター)

世界の子供達を救う!? ランドセルギフトについて

 2018年9月にユニセフ(国連児童募金)が発表した資料によると世界の5歳〜17歳の子供の5人に1人にあたる3億3千万人近くが学校に通っていません。
 原因には貧困、教育を受ける機会がない、差別、武力紛争、不適切な法律や社会への無関心などがあります。
このうち、3分の1近くは貧困が原因です。
 SDGs目標4には、「全ての人への衡平(こうへい)な質の高い教育と生涯学習の機会を提供する」とあります。
これは、遠い外国の話ですが、私たち日本の中高生に出来ることはあるのでしょうか?

 

 

あるんです!

 

その1つが『ランドセルギフト』 
簡単に説明すると自分たちが使い終わったランドセルを寄付するというものです。寄付されたランドセルは教科書などを入れるカバンとして使われます。
これはSDGs目標4だけでなく、SDGs目標12の「つくる責任つかう責任」に書かれている「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」にも当てはまります。
みなさんにも、思い出が詰まっていて、もう使わないけど捨てられず押し入れにしまってある、、、というランドセルがあるのではないのでしょうか?
日本のランドセルは高品質で6年間使っても壊れず、見た目も良いものが多くあります。しかし、小学校卒業と同時に不用品になってしまいますよね。

 

そんなランドセルを寄付することによって世界のどこかで誰かの人生を変えることが出来るかもしれません。

 

 

思い出の詰まったあなたのランドセル、世界の子供たちに寄付してみませんか?

 

どんな国に送られるの?

・アフガニスタン
・モンゴル
・ネパール
・ベトナム
・タイ
・カンボジア
・シリア
・フィリピン

(ジョイセフでは2004年5月〜2021年1月の間で237880個がアフガニスタン、9438個がモンゴルに送られました。)

  

 

どんな機関・団体がランドセルギフトを行なっているの?

 国際協力NGOジョイセフ
 イオン|思い出のランドセルギフト
 株式会社クラレ「ランドセルは海を越えて」
 NPO法人(特定非営利活動法人)ワールドギフト
 セカンドライフ
 ランドセルの寄付 | エコトレーディング

 ↑クリックすると各詳細ページに飛べます!↑

 

 

どうやってランドセルを送るの?

(今回はジョイセフの場合を紹介します!)
① ランドセルが条件にあっているか確認します。
② ジョイセフの場合、一個のランドセルにつき海外輸送経費として1800円の寄付が必要です。書き損じたハガキを送ることで海外輸送経費にすることもできます。
③ランドセルを段ボールや紙袋に包み、指定倉庫に送ります。

 

 

よくあるQ&A

Q:どんなランドセルでもいいんですか?
A:豚革製のランドセルは宗教上の理由により、国によっては届けられない場合があります。でも、色や柄はどんなものでも大丈夫ですよ! 

 

Q:僕のランドセルはすごく汚いんですが、それでも寄付できますか?
A:ベルトや留め具が破損しているなど、破損の激しいランドセルは現地に届けることが出来ません。

 

Q:自分がつけたものはそのままでいいのでしょうか?
A:お守りや防犯ブザーは外してください。 シールはそのままでもいいそうです。

 

Q:名前を書いているのですが送れますか?
A:大丈夫です!

 

Q:無料で送れますか?
A:団体によってはお金がかかる時もあります。
 (詳しくはランドセルギフトを行なっている団体のホームページなどをご確認下さい。)

 

 

あなたのランドセル、捨てちゃいますか?誰かの笑顔にしますか?

 

予告

続編を出す予定です!!ぜひ見てみてください
内容:ランドセルギフトを行っている団体へのインタビュー、ランドセルをもらった子供たちの声など
本日のwriter…ぺいぺい(中学3年生 女子) 

 

編集…May(中学3年生 女子)

⇓ ⇓ ⇓ 関連記事 ⇓ ⇓ ⇓
この記事を書いた私達は何者なのか!?
~なぜ普通の中学生がこんな記事を書いているのか?~
⇑ ⇑ ⇑ ⇑ ⇑ ⇑ ⇑ ⇑ ⇑

 

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。